«1st Draft: 渡辺 雄也(神奈川) 最新 ラウンド 2: 渡辺 雄也(神奈川) vs 吉森 奨(神..»

LMC Draft Meister 2011

LMC Draft Meister

ラウンド 1: 小松 智史(千葉) vs 鈴木 大輝(千葉)

Written by Ryuji Watanabe

CIMG2650

2011 年ドラフトマイスター最初のラウンドは常連同士の対決となった。翌日の LMCC を前に今年度もミスターを確定させた小松と、LMC のムードメーカー鈴木の対決だ。

Game 1

ダイスロールで勝利した小松が先手。土地もクロックも十分な初手をキープ。2 ターン目の《暗茂みの狼》でゲームの幕が開ける。

対する鈴木は第 2 ターンのエンドに《捨て身の狂乱》というきな臭い動き。だがランダムで《燃え立つ復讐》が落ちてしまう! どうやらフラッシュバックデッキのようだが、いきなりキーカードが落ちてしまい、幸先の悪い発進となってしまった。

Burning Vengeance

そんな鈴木を尻目に小松は、勢いよく狼をレッドゾーンに送り込み、《果樹園の霊魂》を追加。続くターンでも攻め手を緩めず、《旅の準備》フラッシュバック込みでクロックを一気に加速。鈴木はエンドに《禁忌の錬金術》で手札を整え、ブロッカーとして《月鷺》送り出す。

しかし、小松は狼をパンプアップしながらの《捕食》でこれをかんたんに除去し、早くも 1 本目を先取。

小松 1-0 鈴木

お互いサイドボード中も談笑する和やかな雰囲気。この煽り合いももはや見慣れた光景だ。

Game 2

1 本目を落とした鈴木、力強く先手を宣言。初手にはボムレアである《護符破りの小悪魔》がありニコニコキープ。

Charmbreaker Devils

対する小松、島 1 枚の初手をマリガン。

2 ターン目に鈴木は《歩く死骸》を颯爽と戦場へ。返す小松は《ガツタフの羊飼い》。これが狼になってしまうと、鈴木はダメージレース的に苦しい。

Gatstaf Shepherd

なんとか変身させまいと鈴木は《旅行者の護符》をプレイし、即起動。島をそのまま場に出す。小松、回避持ちの《果樹園の霊魂》をクロックとして追加。

第 4 ターン、鈴木の戦場に《精神叫び》が登場。。不確定ではあるがこのクロックは大きい。

Mindshrieker

小松《果樹園の霊魂》でアタックするが、《精神叫び》《大笑いの写し身》が落ちて一方的に討ち取られる。しかし《猛火の松明》でマナがないうちになんとか処理。さらに《暗茂みの狼》を後続として送り出す。

鈴木は《縫い師の見習い》《片目のカカシ》と展開し、守りを固める。なんとか《護符破りの小悪魔》が出るまで場を持たせたい。何も唱えずターンを返す小松だが、鈴木の終了時《熟慮》で羊飼いは人間のままだ。

小松は 2 体目の《果樹園の霊魂》。だが 2 色目の土地を引けないようだ。鈴木メインで《禁忌の錬金術》《ガイアー岬の災い魔》《月鷺》が墓地へ。《熟慮》フラッシュバックで未だで変身できず。

ここでついに鈴木の戦場に《護符破りの小悪魔》登場。小松、このままではアドバンテージ差で負けてしまうので、《帰化》《片目のカカシ》除去し、攻め筋を確保。結局《ガツタフの羊飼い》は相打ちとなるものの、《ただれ皮の猪》が陰鬱達成状態で場へ。

鈴木は《静かな旅立ち》《ただれ皮の猪》バウンスしながら《護符破りの小悪魔》で 8 点アタック。

ブロッカーを守ろうと唱えられた《蜘蛛の掌握》に鈴木が《硫黄の流弾》を合わせたところで、小松は土地を片付けた。

小松 1-1 鈴木

Game 3

CIMG2651

先手小松は森がない初手をマリガン。1 ゲーム目と同じく《暗茂みの狼》でダメージレース開始。返す鈴木は《精神叫び》。クロックでは負けていない。

小松、狼をパンプアップさせレッドゾーンへ。続くターンには《ガツタフの羊飼い》《護符破りの小悪魔》が出る前に勝負をつけたいところ。

鈴木は 3 ターン目《暴動の小悪魔》、4 ターン目《要塞ガニ》それぞれを戦場へ送り時間を稼ぐプランか。小松は飛行を止めるために《ソンバーワルドの蜘蛛》陰鬱なしで追加。

ここで鈴木が《大笑いの写し身》をメインで唱えなかったことにより、ついに羊飼いが《ガツタフの咆哮者》へ!

Gatstaf Howler

慌ててターン終了時に《精神叫び》をコピーするも、この 3 点は大きい。

鈴木、《ランタンの霊魂》《歩く死骸》と追加し狼を人間へと戻すも、小松はそのままターンを返し、またしても戦場に夜が訪れる。なんとか蜘蛛を越えようと《精神叫び》を起動し《旅行者の護符》《ルーデヴィックの実験材料》が墓地へ落ち、4/4 の状態でアタック。小松は《禁忌の錬金術》で手に入れた《捕食》《静かな旅立ち》で 2 体の《精神叫び》を処理しライフを詰めに行く。

鈴木はようやく《燃え立つ復讐》設置し、《捨て身の狂乱》で弾を補充する。さらにブロッカーとして《カラスの群れ》を唱えるものの、小松はこれを《霧の中の喪失》でカウンター! 《要塞ガニ》をバウンスし、一気に戦場をこじ開ける。

Lost in the Mist

フルアタックで《ガツタフの羊飼い》を失うものの、陰鬱達成で《ただれ皮の猪》。まったく攻め手が緩まない。

鈴木《要塞ガニ》《縫い師の見習い》と必死の防御。さらに《捨て身の狂乱》をフラッシュバックし《暗茂みの狼》を除去するものの、小松が《ガヴォニーの居住区》をトップデッキしたことで、クリーチャー達が鈴木を押しつぶしたのだった。

Gavony Township

小松 2-1 鈴木

Tags: Report

編集