«ラウンド 1: 小松 智史(千葉) vs 鈴木 大輝(千.. 最新 有力プレイヤー直前インタビュー»

LMC Draft Meister 2011

LMC Draft Meister

ラウンド 2: 渡辺 雄也(神奈川) vs 吉森 奨(神奈川)

Written by Yui Takagi

CIMG2666

渡辺と吉森、ともに神奈川県在住であるが、それぞれ主戦場は PWC と LMC と異なっている。そんな軸のねじれた二人が、今宵ここ代々木の地でそれぞれのプライドを胸に、ぶつかり合う!

渡辺は白黒、吉森は緑赤で狼男が多めの構成。

Game 1

先手の吉森は 1 回マリガンして 6 枚、一方の渡辺は 7 枚のスタート。

初動は吉森の 2 ターン目《アヴァシンの巡礼者》から。渡辺は返しに《吸血鬼の侵入者》を投入する。

吉森は 3 ターン目に《果樹園の霊魂》、4 ターン目には《灰毛ののけ者》と続けて投入すると、渡辺は返しに《神聖を汚す者のうめき》を放ちゾンビがにょきにょき場に生える。

しかし、渡辺の手がここでぱったり止まってしまった。

手札を覗いてみると、《堀葬の儀式》 2 枚と《沼》 3 枚のフルハウス状態! 墓地にはクリーチャーがおらず、つまりなにも唱えられないため《灰毛ののけ者》《爪の群れののけ者》に狂暴化!

吉森の攻撃をゾンビトークンでとりあえず受けると、追加されるのは《ホロウヘンジのゴミあさり》とこれまたなかなかの重量級!

とどめというか、完全に余計な見せ牌なのだが、《アヴァブルックの町長》まで提示すると、渡辺はカードを片付けた。

渡辺 0-1 吉森

サイドボード

渡辺 《銀筋毛の狐》《夜鳥の手中》

吉森 《古えの遺恨》《荘園の骸骨》

Game 2

先攻の渡辺がマリガン、続く 6 枚の手札にうなりながら悩みながらキープする。吉森はあっさり 7 枚のキープ。

渡辺が 2 ターン目《チフス鼠》《銀の象眼の短刀》と展開しゲームが動き出す。吉森は返しになにもアクションを起こせず、続くターンの渡辺の攻撃は《月霧》で受け流す。

吉森は次ターンに《無謀な浮浪者》をトップから引き込みこれを場に送り出すと、返しに渡辺がアクションを起こせず、これがあっさり《無慈悲な捕食者》へと変身する。

さらに《もつれ樹》を追加しようとしたが、これには対応して渡辺が《飢えへの貢ぎ物》を放ち《無慈悲な捕食者》を葬る。

渡辺は《チフス鼠》で自陣を制しながら《幽体の乗り手》をプレイ。これを吉森が《収穫の火》で打ち取り、続いて殴れるクリーチャー《果樹園の霊魂》を送り出す。

このまま吉森が一方的に殴る構図になった……と思われたが、ここで渡辺が初手から持っていた《天使の監視者》が満を持して降臨!

Angelic Overseer

渡辺は人間をコントロールしておらず、除去があれば墓地送りにできる状態ではあるが、吉森はこれを突破することができない。渡辺は天使をレッドゾーンにブッ込みながら、《神聖を汚す者のうめき》でさらに自陣の守りを固めていく。吉森は《果樹園の霊魂》で攻撃し《ガイアー岬の災い魔》を出すが、ダメージレースの差は歴然としている。

渡辺は再度天使の攻撃で吉森のライフを 7 におとし、《堀葬の儀式》《幽体の乗り手》を甦らせる。このままなら次のターンに 7 点が入る状態。吉森に対応を迫る。

《幽体の乗り手》こそ《霊炎》の表裏で除去できたものの、最後まで吉森は《天使の監視者》を見上げることしかできなかった。

渡辺 1-1 吉森

吉森、渡辺ともに再度カードを入れ替え、初期のメインデッキに戻す。これは興味深い。

CIMG2667

Game 3

後攻の渡辺がまたマリガンで 6 枚スタート。さすがに愚痴がこぼれる。一方の吉森は安心の 7 枚キープ。

渡辺が第 1 ターンに《無私の聖戦士》を展開するが、吉森が 2 ターン目にドヤ顔でプレイした《アヴァブルックの町長》に悶絶する。

渡辺は返しに《銀筋毛の狐》をプレイして夜の帳が下りるのを阻止するが、吉森は続くターンにドローゴーを選択、月が昇り凶悪な狼が降臨する。

渡辺は返しの自ターンで長考に入る。

手札に《吸血鬼の侵入者》《夜の犠牲》があるが、《吠え群れの頭目》を打ち取ることはできない。今後のプランをどうするのか? 想定されるパターンを何度かシミュレートしたのだろう、長い沈黙を経てこのターンは狐をレッドゾーンに送り込むのみとし、なにもプレイせずにエンドを宣言。

吉森は《ガツタフの羊飼い》をさらにプレイ、ターンエンドに狼トークンを獲得する。返しの渡辺は一気に《吸血鬼の侵入者》《アヴァシン教の僧侶》と展開し昼を呼び込む。

しかし吉森は続くターン、狼トークンのみを攻撃に出すと何も唱えず、強引に第二夜を招く。

渡辺は《吸血鬼の侵入者》で攻撃し、2 体目の《吸血鬼の侵入者》を追加し短期決戦に持ち込む。これならまだ勝機あるか……!?

しかし、吉森のドローは完璧だった。《燃え投げの小悪魔》を追加するとともに《ケッシグの狼の地》を設置!

Kessig Wolf Run

渡辺、ここで《銀の象眼の短刀》を引きこみクロックをさらに早め吉森のライフは 9 となる。

吉森は、必死に計算を始める。狼トークンと《燃え投げの小悪魔》で攻撃。ケッシグは 3 で起動できるマナがある。渡辺はこれをすべて通すとケッシグは起動されず残り 6。《無謀な浮浪者》《もつれ樹》をプレイし守りを固める。

渡辺、このままでは《吸血鬼の侵入者》 2 枚(装備つき)と《無私の聖戦士》の能力を使用しても 8 点しかない。かといって、返しの攻撃をチャンプブロックして次のターンにかけることは《ケッシグの狼の地》が許さない。

祈りながらドローするが、デッキはその願いに背を向けたまま。

なんとか生き延びる方法がないか模索した渡辺ではあったが、生き残るすべはないことを悟り、右手を差し出したのだった。

渡辺 1-2 吉森

Tags: Report

編集