«有力プレイヤー直前インタビュー 最新 2nd Draft: 石井 泰介(神奈川)»

LMC Draft Meister 2011

LMC Draft Meister

ラウンド 3: 山本 定明(千葉) vs 中村 肇(東京)

Written by Ryuji Watanabe

CIMG2675

3 回戦目は「龍王」こと山本と、最近は LMC 主催のプレリリースにも顔を出すようになり、千葉勢とも交流の深い中村の対戦をお届けしよう。

開始前から自分のデッキが弱いと嘆く中村。対する山本、《情け知らずのガラク》がピックできたようで、ほくほく笑顔である。

気付けばどちらも既婚者のマッチアップとなった。山本、先輩お父さんとして威厳を示せるか。

Game 1

ダイスで先手は山本。《アヴァシンの巡礼者》のロケットスタート。さらに《精神叫び》を戦場へ。中村の初動は《修道院の若者》

山本の 2 体アタックに対し、中村は《アヴァシンの巡礼者》の相打ちを選択。第 2 メインに《暗茂みの狼》を追加。中村はこれに《声無き霊魂》で応戦する。

狼のアタックはスルーされ、中村へ 4 点のダメージ。中村は《精神叫び》《静かな旅立ち》で退け、《好奇心》をエンチャントしアタック。ブロックされにくいドローエンジンを構築する。

三度狼がアタックしたのち《精神叫び》をキャストしなおす山本。中村は《月鷺》《感覚の剥奪》《精神叫び》へ展開。制空権を渡さない。

山本の戦場に《裂け木の恐怖》が現れる。《絞首台の守部》《宿命の旅人》を追加して、《裂け木の恐怖》が大きくなる前に、なんとか殴りきりたい。

山本が《ただれ皮の猪》を追加するものの、《大物潰し》《静かな旅立ち》《戦慄の感覚》でアタックすら許さないのであった。

山本 0-1 中村

Game 2

CIMG2676

先手は山本。お互い土地が 1 枚しかなくなかよくマリガン。新たな 6 枚も両人不満顔。山本は森 5 枚だが「オレなら引ける!」といつもの根拠のない自信。中村は渋々さらにマリガン。5 枚でスタートとなった。

中村の《不可視の忍び寄り》で開幕。山本の初動は《修道院のグリフィン》

中村は土地が 2 枚で止まってしまったようで、《縫い師の見習い》も次のターンには即 2/2 へ変換する。一方の山本の土地は伸び続け、《銀筋毛の狐》《声無き霊魂》《裂け木の恐怖》と展開されていく。

中村、ようやく土地の 3 枚目ドローし、《片目のカカシ》を戦場へ。実に 5 ターンほど止まっていた。さらに《声無き霊魂》でグリフィンの足止めに成功する。

その間に《裂け木の恐怖》は土地が公開されるばかりであまり育たず、《不可視の忍び寄り》だけが 1 点のクロックを刻んでいる。山本も《片目のカカシ》を追加し、一気に降着状態へ。

土地は 10 枚近く並んでいるものの、島が引けない山本。手札で青生物 2 枚が腐っている。

《裂け木の恐怖》《大物潰し》で処理し次ターンには《悪魔の長帷子》《不可視の忍び寄り》に装備される!1 点クロックによってライフが 9 まで落ち込んでいた山本。解決策を用意できずにそのまま敗北。

山本 0-2 中村

Tags: Report

編集